0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

爪水虫の治療方法は「飲み薬」と「塗り薬」と「レーザー治療」が挙げられます。

「飲み薬」は病院で診察を受けて処方される場合となります。

診察は、肉眼だけでなく顕微鏡を使って爪水虫の原因である白癬菌というカビの一種が潜んでいるかどうかを確認します。

自覚症状が少ないので、ちょっと気になったら病院に行って確認するなどが必要です。

症状としては、爪が黄ばんだり白く変色したり、爪がボロボロに崩れてきたり、爪に白い筋が入ったり、厚みが出てきたりします。

爪水虫は、白癬菌が爪の内部にまで浸透している状況なので、爪内部が白癬菌の隠れ家になってしまっている状況です。

爪水虫を治さないと、隠れ家から白癬菌が出てきて足の水虫の再発に繋がります。

では、治療方法についてお話します。

「飲み薬」の場合

飲み薬が一番効果的と言われていますが同時に副作用もあり身体への負担が懸念されます。

薬はラミシールやイトリゾールと言ったものです。

爪水虫の場合、爪の内部に白癬菌が潜んでいる状態なので、飲み薬で体内から殺菌していくことが一番効果的です。

ただ、こういった内部から殺菌するぐらい強い薬なので副作用があります。

副作用は、肝炎・肝機能障害です。また頭痛や動機や胃の不快感なども挙げられます。

処方されるには、病院で診察をして血液検査も必要です。そのぐらい強い薬なんですね。

足の爪の病気で注射(血液検査)が必要になるってことには驚きです。

また、どの治療方法でも治療期間は変わりませんので、こういった通院を6ヶ月~1年続ける必要があります。

爪が生え変わるまで治療しないと完治しないことが理由です。

「塗り薬」の場合

塗り薬の場合は、爪や、周りの皮膚に塗って外部から白癬菌を死滅させる流れになります。

飲み薬のように内部ではなく、外部からの治療なので爪の中まで届きづらいとも言われています。

ただ、最近では浸透力の強い塗り薬も発売されているので、かなりの人が塗り薬で治っているのでおすすめでしょう。

爪の表面は「親油性(しんゆせい)」の膜があり、油になじみやすいのです。なのでオイルに有効成分を含ませた塗り薬など効果的です。

なにより、薬を買って自宅で自分で治療ができるので、治療期間が長くても継続しやすいので、結局通院するよりも治っているってケースも多いようです。

「レーザー治療」の場合

レーザー治療も副作用がなく、おすすめです。

通院は必須になりますが、治療時間も10分~20分ぐらいです。

ただ、レーザー治療は日本で認可されていないので「自費」での治療になってしまうので、病院により費用が変わってくるってところがネックです。

3つの治療方法のまとめ

それぞれの治療方法にメリットとデメリットがありますが、合計してみてみると、やはり塗り薬が一番効果的に思います。

飲み薬の場合は、そもそも副作用が懸念されますし、6ヶ月から1年通院するのも大変ですし、血液検査なども必要です。

また、お酒を飲んだりする方は、飲み薬の効果が落ちたりしますので、結局身体に負担をかけただけになる可能性もあります。

レーザー治療の場合は、身体への負担はあまりありませんが、経済的な負担が大きいです。

それに通院って点は、飲み薬と同じですね。

こういったことを考えると塗り薬で治療をしていくってことが一番実践しやすく、自宅でできるってことが良いポイントだと思います。

ただ、塗り薬の場合は、ちゃんと浸透力の強い実績のある薬を選ばないともともこもないので注意が必要ですね。